FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局のところ、僕の語る言葉は誰かの借り物でしか無く、借り物の言葉で書いた物語は本当の物語ではない。
それでも、僕は書きたい。書かなければならない。
巧く書くことなど誰も求めていない。
僕がやるべきことはただ一つ。語るべきことを語ることだ。
そうすれば、借り物の言葉は僕の言葉となり、物語は、少なくとも、鼓動を始め全身に血が巡るだろう。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。