FC2ブログ


ベンチにて

並木道のベンチに腰を下ろし本を読む。
日差しは強いが、大きく枝を広げた街路樹が光を和らげとても心地いい。
お気に入りのヘッドホンを付けると、スッと意識が自分の中に潜って行くのが分かる。
数十ページ程読んだところで、ページをめくる手が止める。
ベンチにもたれかかり空を見上げる。
こんなにぼんやりとするのが心地いいのは何時以来だろう?
目の前を通り過ぎる人々、通り並ぶヴィクトリア調の古いレンガ作りの家々。
夏を控え日増しに緑が濃くなる木々。そして抜けるように青い空。
それらが織りなすコントラストは決してまぶしくはないが、しかし力強く
一方では優しく何かを訴えかけてくる。
近くのコーヒーショップで買ったレモンティーは甘酸っぱくて、なんだか夏の味がした。
スポンサーサイト



最新記事